何日間実施するの?社員研修の期間

定期研修や臨時研修は一日以内が普通

会社では年に一度から四半期に一度くらいの頻度で定期研修を実施していることがよくあります。定期的に社員に対して成長の機会を与えつつ、会社の現況を理解してもらうために行われているのが一般的です。また、経営者側の判断で臨時研修が実施されることもあり、特別な知識を付けてもらわなければならない場合などによく行われています。このような定期研修や臨時研修は一日以内に終わる形になっているのが普通です。研修をする間は業務が滞るのであまり日数を増やすことができず、研修にはコストもかかるという点から最小限に抑えられています。午前か午後の半日、あるいは一日というスケジュールで社員研修が実施されるケースが多くなっています。

新人研修の日数は様々

多くの会社が毎年実施している新人研修については一日で終わりということはあまりありません。会社の概要の理解を促し、経営方針や社訓などについても知ってもらわなければならないでしょう。さらに社会人としての基本的なビジネスマナーを学ばせた上で各職種ごとに専門的な研修を行うという流れになっているのが通例です。このようなたくさんの内容を盛り込む場合には数日はかかってしまいます。短くても三日程度、長い場合には二週間くらいかけて研修が行われています。また、外部委託して研修を行う場合にも二日程度のスケジュールにして内容を充実させるのが一般的です。基本的にはどのくらいの内容を盛り込みたいかによって決まると考えておきましょう。