会社によって違う?社員研修をおこなう場所

社内施設で実施するとは限らない

社員研修は社内行事だから社内施設で行うものだと考えている人もいるかもしれません。大きな会議室がある会社の場合には社員を収容して実施できることもあるでしょう。複数の会議室をテレビ電話でつないで実施することもできます。研修のやり方によっては普段使用しているオフィススペースを活用することも可能です。ただ、どの会社も社内で研修を行っているわけではありません。近くの会議室などを借りて社員研修を実施しているケースも多くなっています。社内に必要な設備が整っている部屋がない、大勢の社員を収容できるスペースがないなどといった理由の場合もありますが、普段とは違う雰囲気にして研修に身を入れてもらう目的の場合もあります。

宿泊先を確保することもある

社員研修は半日から一日で終わるのが典型的ですが、数日間かけて行う研修もあります。代表的なのが新人研修で、新卒の新入社員を対象としてまとまった日数の研修を実施することは多いでしょう。この場合にも毎日会社に通わせて行うこともありますが、宿泊施設を確保して研修をすることも珍しくありません。会社が研修施設を持っている場合にはその施設を利用するのが一般的です。そのような社有の施設がない場合にも各地にある研修施設を借りて行っていることがよくあります。研修施設を借りる場合にも温泉地などのゆっくりとできる場所を選ぶ会社もあれば、特にレジャーが何もない施設を選んで研修に集中させる会社もあり、それぞれに個性があるのが実態です。